横浜で埋没法の施術を受けてみた

一重瞼がコンプレックスで美容整形を考える

一重瞼がコンプレックスで美容整形を考える埋没法の施術によりリーズナブルに二重に納得の仕上がりのためにクリニック選びやカウンセリングは重要

子供の時から一重まぶたにコンプレックスを持っており、少しでも印象的な目元を手に入れるためにも二重化粧品などを利用して擬似的に二重まぶたを作るようにしていました。
ただデリケートなまぶたに専用のプッシャーなどを強く押し付けて二重まぶたを作る行為は、皮膚に細かな小じわを作ってしまう原因にもなっていたので、このまま擬似的に二重を作るよりもきちんと美容整形外科で施術を受けたほうが綺麗な仕上がりになると思い、横浜の美容整形外科クリニックで施術を検討することにしました。
ただ美容整形による二重形成は、まぶたを切開する必要があるとイメージしていたので、施術後のダウンタイムを考えると社会人にとっては気軽に受けることができないと悩んでいました。

埋没法、2回やってそこそこ満足しているけど、瞼が重たいタイプなんでそれを何とかしたい😭眉下切開?まぶたの脂肪取り?って私もいつも迷宮入りしています💦笑

— サルーキー (@top_secretworld) 2019年9月18日
そんな時にSNSで紹介されていた埋没法という方法を知り、埋没法ならメスを使用して切開を行う必要がないので比較的肌への負担が少なく、短時間で理想的なまぶたを手に入れることができると知りました。
実際に美容整形外科でカウンセリングを受けて理解したのが、手術時間が約10〜20分ほどで完了できることや、メスを利用しないので誰でも気軽に受けることができるプチ整形として、若い女性を中心に人気が高くなっていることでした。